三宅宏実の大会記録は?結婚しているかのプロフィールや父親を調査

この記事は2分で読めます

ICHIGO_Miyake_HP (1)

Sponsored Link

2020年に東京オリンピックが決まりましたね!

かつて東京オリンピックが開催されたのは、
1964年。約45年の時を経て、
2020年に再び東京オリンピックの開催が決まりました☆
いきている間に日本で開催されるとは♪♪
と喜んでる方は私以外にも沢山いるでしょう♪

2020年に向けて現役オリンピック選手はもちろん、
これからオリンピックを目指していく若手選手も、
2020年に的を絞っている方も沢山いるのでしょう~!

そんな中、若い世代の競技力の向上及び東日本大震災の復興の為にと、
練習を今回公開したのが、ウエイトリフティングの全日本女子選手の強化合宿!

メキシコ五輪のウエイトリフティング金メダリストである、
三宅義信さんが開設した選手育成施設で行われたようです。

監督は監三宅義行さん。
そ娘さんである、三宅宏実さんもその強化合宿へ参加されてます!

三宅宏実選手はロンドンオリンピックのメダリスト☆
今回はそんな三宅宏実選手を調べてみました!!

 

 

Sponsored Link


 

 

三宅宏実プロフィール

 

 

ICHIGO_Miyake_HP (1)

 

 

名前:三宅宏実さん
生年月日:1985年11月18日 29歳
出身:埼玉県 新座市
出身中学校:新座市第二中学校
出身高校:埼玉栄高校
出身大学:法政大学
ご結婚:未婚
中学校時代の部活動はテニス部!
ウェイトリフティングは中学3年生から。

練習3か月でいきなり42,5kgをあげたらしいです!
これは三宅宏実選手の父である義行選手が、
高校1年生であげた重量と同じだとか!!

これは才能ですね☆
42kgって・・・成人女性の少し軽い人位ですよ!
当時53キロ級の三宅宏実選手にとって、
自分とほぼ同じ位の体重の人も持ち上げるのと同じ!!
すごいっすね~。

 

 

 

大会記録は

 

 

初優勝は2003年6月に全日本選手権53キロ級で初優勝
この時兄も優勝し、兄弟そろって表彰台!!
すごい兄弟ですね。
スポーツ一家!
お母様は音楽を専門に学ばれていたようですね☆

大学は法政大学にすすみ、その時に53キロ級から48キロ級に転向したようです。
2005年の全日本選手権でも優勝。
この大会はアテネオリンピックの選考も兼ねており、
代表が決まり、五輪初出場を決めました。

世界大会での初メダルは2006年の世界大会で銅メダル☆
その後2008年の北京オリンピック
続いて2012年のロンドンオリンピック
こちらのロンドンオリンピックでは日本人初の銀メダルで、
親子同時入賞を果たしています。

本当リフティング親子ですね!
父娘メダル獲得なんて・・・!お父様も鼻高々でしょう!

素敵家族。
そんなお父様についても少し調べました

 

 

父 三宅義行選手

 

 

三宅宏実選手の父親
自衛隊体育学校に在籍しながら、
1969年と1971年には世界大会で優勝
など国際大会で活躍!

現役引退後は指導者となり、
娘さんである三宅宏実選手のコーチを務めてます。

 

 

まとめ

 

すごい家族!というのが印象的な
三宅宏実選手。

宏美選手のみ調べていたら、
お兄様も、伯父にあたる義信選手も
ウェイトリフティング選手で
オリンピックメダリスト!!

もうウエイトリフティング一家ですね!

努力も相当されたのでしょう。

東京五輪がとても楽しみです☆

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image-1
  2. 03p
  3. spo1404250830001-n1
  4. ダウンロード (14)
  5. pic20150206131804_3
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。